<< 吉野家の牛丼 木村カエラガクチサキダケデウタッテル >>
私のブログの読者は誰?
2ヶ月前までは「忍者」のアクセス解析を導入していて、ここ半年一日のアクセスが一桁代に落ち込むことも多くなり私のブログ更新欲の減退に拍車を掛けていたのだが、実は昨年の10月頃からエキサイトが密かに最新版のインターネットエクスプローラー=ようするに大多数が使っているブラウザからのアクセスが「忍者」に反映しない仕掛けを施していたことが判明、使えなくなった「忍者」を外しエキサイトブログのアクセス解析を導入した結果、一日平均50近くのアクセスがあることを知り、単純な私のブログ更新欲に1年半ぶりに火が着いた。

してそのアクセスの中身とは…

a0008874_23333638.jpg
※いつからいつまでを計測しているかは不明。

この13位までのランクは“bravo650.exblog.jp”を除く全てが検索サービスと“www.exblog.jp"からのものだ。
ちなみに“bravo650.exblog.jp”はこのbra-netの前身に当たるブログで「続きを読みたければbra-netへ来て下さい」とこのブログへ誘導している。
“www.exblog.jp"はこの記事を更新すると自動的にそこのトラックバックセンターにリンクが張られるシステムになっている。
そして14位以下のアクセスは一桁代となる。

つまり、何が言いたいかというと、このブログを訪問するほとんどの人が、


通りすがりである


ということだ。
エキサイトブログにアクセス解析のサービスが付く前はよく更新が滞っていたブログが復帰し「更新しない間もたくさんのアクセスがありました。感激です」などと書いているのをよく目にしたが、何のことは無い、あれは、


検索からきたアクセス


だったのだ。
私は当時本来なら使えないアクセス解析をあの手この手を使い導入していたので、検索からの読者の数が多いことは分かっていた。

検索からの読者・・・
自分が検索する時のことを考えても“検索からの読者”はただの通りすがりにしか過ぎない。
しかもそのほとんどが、欲しい情報がこのブログにないことに気付き、一瞬でページを閉じていることだろう。

これを見てほしい。

a0008874_2353497.jpg

このブログへ検索でやって来るさいの検索用語だが、1位の“ルーレット族”などはこのブログの記事ではそれに関する情報はほとんどなく「埋立地にサーキットを作れ」という主張だけで終わっている。
“ルーレット族”の情報を取りたくて来た読者にとっては「ウザイ」ブログ以外の何者でもないだろう。更新しないのにアクセスがあることに対し、



「感激」している場合ではないのである。



そんなアクセス解析の結果を見ていると、「記事を読み込んでくれる読者の少なさ」を知り、次第にブログ更新のモチベーションが落ちて来る。




では、どうすればいいのか?





このブログはテーマがないので、自然に読者が集まって来ることは有りえないので、こちらから宣伝して「記事を読み込んでくれる読者」を獲得する必要がある。
すなわち、




ブログサーフィンをしてコメントを入れるのだ。





しかし・・・・




ここ1年以上、ブログを読まなくなったのよね。
面白くもなく、情報もないブログばかりだから。
特にブログ仲間のコメントをアテにした馴れ合い記事など嫌悪感すら覚える。


そこで・・・



bra-netをフォトログにしてはどうだろうか?



写真を撮るのは好きだし、フォトログだけは頻繁にサーフィンしている・・・というより大きな趣味になっている。
これまで、きちがいと思われるのがイヤできちがいぽいことも書くこのブログのリンク付きのコメントを入れなかったのだ。
フォトログにすれば、コメントを気さくに入れることが出来、交流も図れる。


その時は過去ログは全て消そう。
きちがいと思われるのがイヤだから。
[PR]
by bra-net | 2007-02-25 00:14 | ブログねた
<< 吉野家の牛丼 木村カエラガクチサキダケデウタッテル >>