「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
サイモンとガーファンクル「早く家に帰りたい」
私の1番好きなミュージシャン、ポール・サイモンのグッとくる演奏をウエッブで見つけた。
1966年録音の“Homeward Bound”(「早く家に帰りたい」)を2002年リバプールのコンサートで歌ったものだ。

この曲はサイモンの曲でも好きな曲上位5曲に入る曲で、オリジナル録音と公式非公式に発表されているライヴヴァージョンを含め10曲以上は聴いているが、このヴァージョンが2番目にいい。
ヴォーカルの音程は不安定でギターもラフだが、心が篭っている。

ポール・サイモンは面白いミュージシャンで、同じ曲でもツアーごとにアレンジやメロディラインを変えてくるので、同じ曲を聴いても飽きない。
そして、ライヴにおけるヴォーカルの取り組み方が独特でサイモンは「その時、その瞬間の雰囲気を歌おう」としている節がある。
はっきり言えば、その時のライヴのムードや彼の感情によってヴォーカルのテンションが変わるのだ。結果、とんでもない「アタリ」ヴァージョンが出てくることがある。それを一度聴くと他のヴァージョンでは物足りなくくらいだ。
今回紹介する“Homeward Bound”は、他の曲ほどではないが、感情がこちらへ迫ってくる「アタリ」ヴァージョンだ。

ちなみにこの「その時、その瞬間の雰囲気を歌おう」というサイモンのライヴにおけるヴォーカルの取り組み方が大好きだし、それが本当のヴォーカル表現と思っている。
「レコーディングされた歌い方をなぞるだけ」な歌い方は聴いてて退屈だし、音楽的にはライヴに出かける意味がない。部屋でCDを聴けばこと足りるからだ。
しかし、サイモンほど強烈に「その時の雰囲気で歌おう」と徹底した態度を感じさせるヴォーカリストは彼以外に知らない。

私が1番と思うこの曲のヴァージョンは1971年の「Simon And Garfunkel's Greatest Hits」に収められているライヴヴァージョンだ。こちらはサイモンとガーファンクル(S&G)時代のものでもちろんガーファンクルのハーモニーが入っている。
私は高1の時にこのアルバムに出会い、“Homeward Bound”含むギター1本で演奏されるライヴ4曲に出会って「弾き語りで完璧な音楽を作ることが出来るんだ」と確信し、また魅了され、ギターを手に取り歌うようになった。

S&Gのどれか1枚、と言われれば迷わずこの「サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ」を勧める。
このアルバムのクオリティだけがダントツに高い。
逆に言えばオリジナルアルバムには、これがS&Gの世界だ、と言えるものがない(不思議なことだが)。

さて、前置きが長くなったが、海外では「現代音楽の最高レベル」とさえ称されることのあるポール・サイモンの名曲の名演奏を下記のリンクからぜひお聴き下さい。




Paul Simon Web

「Best Homeward Bound August 29, 2007 at 10:40 pm」




[参考] Simon And Garfunkel's Greatest Hits
アマゾンから同タイトルのちがうアルバムが売られています。この記事で取り上げたのは上のリンクのアルバムです。このジャケットを覚えておいて下さい。数あるS&Gのベストアルバムでこれだけが郡を抜いてクオリティが高いです。解散直後に彼等自身が選曲しリミックスした曲まであります。特にライヴ演奏の4曲は他のアルバムでは聴けない、とんでもない名演です。「エミリー・エミリー」の12弦ギターの伴奏は、今後この楽器の伴奏としてはこれ以上のものはないと思える名演です。「エミリー・エミリー」試聴

[PR]
by bra-net | 2007-11-06 13:51 | 管理用
落合采配批判騒ぎと嫉妬
完全試合を巡る落合采配批判騒ぎ、前回のテキストを書き終えてから、批判する者がどこか根本的におかしいと感じ、考えてみたら以下のことに思い当たった。

優勝した中日落合監督に「勝ち方が悪い」といちゃもんをつける奴らは例えば、


マラソンで優勝した選手にも、



「フォームが悪いから優勝しても許せない」



て文句を言うのかな?



言わないだろ?



でも同じこと。
今回の落合采配にヒステリックに文句をつけることと。
落合監督を批判する輩は優勝すること、日本一になることがいかにタイヘンか、いかに立派な行為かくらい分からないのかな。

私は中学高校とバトミントンをしていて、やっと高校最後の県大会でベスト12に入るレベルだった。
そして、私など全く歯が立たない県大会の優勝者がその上の近畿大会へ行って負け、近畿大会で優勝した者が全国大会で負ける・・・。
「上には上がいるもんだ。すごいな」
と感心したものだ。
そんな経験から、トップクラスのアスリートたちには最低限の敬意は払うようにしている。
例え世界選手権やオリンピックで入賞しなくても、日本代表に選ばれるだけでもすごいと思う。
しかし、そう考えない連中もいるようだ。
平気でメダルを逃した選手をバッシングしたりする。



なぜか?



『嫉妬』の影響が大きいと思う。


記事のテーマ、誰のどの部分の発言を選択し掲載するか、またどの意見を「世間の声」とするかなどは編集部が決めることでコメンテーターが決めることではない。ようするに人の意見を借りて物事や人物を批判することが出来るのが記者や編集である。
スポーツ紙の文面から記者の嫉妬がもろに伝わり、イヤになることがある。


「顔もいいし、スポーツも出来るし、ええのお、ええのお。わしはしがない記者。いつまでたっても給料は上がらず飲みにもろくにいけん。お前らええのお。皆から注目されてええのお。お姉ちゃんにもモテてええのお。どうせ取材に来た女子アナいてこましとんねやろ。くそ。美人と寝やがって」


「なに~、メダル取れんかったぁ!?わははははは。ざまあみさらせ。この阿呆が。さあ、書いたるでえ。叩いたるで。世間がこんな注目しとるのに、世間がこんなに応援しとるのに。ええ加減にさらせ。TV出てにたにたインタビューばかり受けとるから気が緩んだんや。阿呆か。ざまあみさらせ。滅多メタに書いたる」


私には嫉妬という感情が欠落しているので若い頃は気付かなかったが、年を取るとともに連れ、この嫉妬という感情が人間の行動の大きな一要因になっていることに周囲を見渡して気付き始めた。
今回、落合批判の意見を載せた媒体の編集サイドに『嫉妬』はなかったのか?



完全試合 落合采配の何が悪い


中日優勝も「オレ流」のKY継投 「これが野球か」と批判相次ぐ
53年ぶりにプロ野球日本一に輝いた中日ドラゴンズだが、優勝を決めた試合での"あの継投"が物議を呼んでいる。スポーツライターの玉木正之氏は中日新聞へのコメント掲載を急きょ断ると宣言。楽天イーグルス野村克也監督もテレビ番組で「監督が10人いたら10人とも替えない」とまで述べている。日本一になればそれでいいという考え方もできようが、「これが野球か!?」という批判は止まりそうもないのだ・・・
[ 11月02日 20時39分 ] J-CASTニュース

[PR]
by bra-net | 2007-11-03 06:10 | 時事
完全試合 落合采配の何が悪い
私は、落合博満ファンだ。

高校時代ろくに野球をせず、学校を出るとボーリングのプロテストを受けるなど回り道をし、やっと社会人野球で才能が開花。プロに入ると3冠王を3回達成。史上稀にみる強打者となる。
打者2000本安打、投手200勝を達成した選ばれし野球人だけが入れる「名球界」入りを資格を得ながら拒否。
記者におもねった発言をしないため選手時代再三「おれ流」とマスコミから叩かれる。
選手の年棒アップのため自ら悪役となり年棒の交渉では球団と対等に渡り合う。
中日監督になると、前代未聞の1軍2軍合同キャンプを行い「全員が10%実力アップすれば優勝できる」と公言し選手の補強をせず現有戦力だけで戦い、結果監督初年度でリーグ優勝。

踏み外した人生から返り咲き、球史に残る大打者に。
自らを語らず、結果でしめす。
優れた野球理論バッティング理論を持つにも関わらず、それを吹聴しない。
クールな言動の裏には強烈な人間愛。


男として惚れずにいれようか!?


リストラにせいを出す企業、口先だけでのしあがる小人物が大手を振って歩く現代社会にあって、強烈なアンチテーゼ的存在、まさに現代に生きる武士である。

さて、昨夜の試合の時間帯、私は飲み会の席にいた。
同席の男性が携帯のワンセグで試合を観ていたようで、


「あ~、完全試合だ!」


と大きな声を上げた。
聞けば中日の投手山井大介が8回の時点で完全試合行っているという。
完全試合・・・ヒットはおろか死・四球もエラーもなく投手が相手打線を完璧に抑える試合。数年に一度あるかないかの確率でしかお目にかかれない非常に珍しい試合だ。
試合の方は、中日ドラゴンズ1-0日本ハムで中日リード。
しかし、私は興奮気味の彼に言った。


「やばいですよ。9回で崩れて負けるかも知れませんよ」


彼は無言で笑っていた。
しばらくするとまた彼、


「代えた!山井を代えたよ。完全試合してるのに!!」



完全試合をしている投手を9回で落合監督が交代させたのだ。
私は思わず大声をあげた、



「さすが、落合!!」




なぜ私がそんな発言をしたかというと、子供の頃から野球を見ていて、7回、8回くらいまで完全試合やノーヒットノーラン(こちらは死・四球、エラーはセーフ)を行っていた投手がヒット1本を打たれ、そこから連打を浴びノックアウトされてしまうケースを何度も目撃したからだ。
記録を逃したガッカリ感が大きいため崩れてしまうのだろう。
公式戦ならいざ知らず、日本一がかかった試合で優先させるは勝利。野球界の奇跡「完全試合」を持ってしてもそれ未満だ。
TVの優勝インタビューで落合監督は「「私は山井に続投を打診したが、山井が指のマメを潰したので、自分から交代を申し出て来た。だから代えたのだ」と語ったそうだ。

しかし、今日の報道を見てびっくりした。
落合の采配を「非情」と叩く人たちがいるのだ。



馬鹿な。



こういう奴らの口車に乗るとロクなことはない。
もし監督が豆を潰した山井を続投させて打たれ、完全試合を逃すどころか連打され負けると、奴ら、


「情にほだされた監督が冷静な判断を失いましたね」


としたり顔で言うのである。
まさしく外野はいい気なものだ。

こういう奴、あなたの周りにもいませんか?



落合博満 - Wikipedia


Excite エキサイト : スポーツニュース
 (日本シリーズ第5戦、中日1-0日本ハム、中日4勝1敗、1日、ナゴヤドーム)オレ流の非情さい配で勝ちきった。中日が日本ハムを1-0で下し、4勝1敗で1954年以来53年ぶり2度目の日本一に輝いた。中日・落合博満監督(53)は、完全試合目前の山井大介投手(29)を八回終了で降板させ、岩瀬とのパーフェクトリレーで悲願を達成した。
[ 11月02日 08時05分 ]サンケイスポーツ

[PR]
by bra-net | 2007-11-02 20:38 | 時事