カテゴリ:隣のおじさん( 2 )
隣のおじさんとトラぶり中 2


自称『隣のおじさん』(80歳)に対し「死ねばいいのに」と思ったおれ。

しかし、おれが引っ越してきた3年半前はそんな関係ではなかったのだ。

引越ししてきたその日、おじさんがやって来て、

「晩御飯食べる?」

と満面の笑顔で聞いてきた。

その日は友人宅に泊まることになっていたので辞退したが、それからは度々おじさんがやって来ては、鍋いっぱいのおかずを持ってきた。

鍋焼きうどん、すいとん、煮物。

1回で2食分以上はあった。
おれも鍋を返す時には何か食べ物を入れて渡した。
回数は多く、週に2~3回は持って来てくれた。
おれがバイクで旅行に出かけると、お土産を買って渡すなど、非常に良好な関係が続いた。

そんな関係が1年近く続いたが、やがておじさんはおかずを持って来なくなった。


つづくかも
[PR]
by bra-net | 2005-11-13 11:15 | 隣のおじさん
隣のおじさんとトラぶり中 1
とてつもなく失礼な奴にはどう対処したらよいのだ?

以前は仲のよかったおれのアパートの隣に住む自称『隣のおじさん』(80歳)が1ヶ月前から犬を買い始め、昼夜かまわずキャンキャンうるさい。
おじさんの部屋の中でもキャンキャン。
早朝はいつの間にかおれの玄関のすぐ斜め横にある2階への階段(2階建てのアパート)にひもで繋いでキャンキャン。

ちなみに位置関係は、「おじさんの部屋」「おれの部屋」「階段の犬」となっていて、おじさんよりおれの方が犬に近い。
もちろんアパートはペット禁止である。

不動産屋に抗議しても「あの人は仕方ない」とさじを投げた発言。
何日も連続で、階段の犬の鳴き声に朝早く起こされたので、

「犬の鳴き声なんとかして下さいよ。ここで飼ったら駄目なんですよ」

朝の6時過ぎ、眠い目で抗議したら、

「すみませんねえ。はいはい(大声。いやみったらしく)」

次の日も同様に犬に起こされたので、また抗議すると、逆切れ。
声を荒げ、

「飼い主が病気で倒れたんだよお。仕方ないでしょ。あんたが早く寝ればいいんだよ!!」

つまり、おれが早く寝れば、早朝犬に叩き起こされてもおれの睡眠時間は確保できるという、グッドアイディア (・∀・)イイ!

ていうか、



死ねばいいのに!



部屋に帰りマジでそう思ったよ。


つづく
[PR]
by bra-net | 2005-11-12 22:44 | 隣のおじさん