<< 完全試合 落合采配の何が悪い 亀田の処分は甘いがでもそんなの... >>
亀田祭りだわっしょい
亀田問題、親父が引退、長男が謝罪するなど次々と続報が報じられ、どこから書こうか迷っていると、どうでもよくなった。
もう勝手にやって下さい、という感じ。
利益と保身のため偽善の演技を続けるTV局、金平会長、バラエティ番組司会者、コメンテーター。
金には私も目が眩むが金に目が「眩みすぎた」社会の滑稽さ。

さて、私はここでは亀田一家人気の大元「マスコミ大衆の心理」について語リ今回の亀田問題への言及を終えることにする。
結論から言えば、我われマスコミ大衆は、



TVの登場人物に飽きたのだ。



男優女優、お笑い芸人、アナウンサー、もう飽きた。
芸能人の消費サイクルが早くなり短期間のうちに次から次へと現れ消え全てのパターンの個性が出尽くし、どんな新人が出ても「あ、この人最近見なくなったあの人の後釜」となり面白くもなんともないのが現在のTV界の状況である。

人を惹きつけるのは、意外性。
「これいったい何?」
と思わせなければならない。
そこでここ数年台頭したのがキレ芸人とリアルブス芸人。
キレ芸人の代表はカンニングの竹山で、番組やスタッフに対しても怒り、その怒りのリアルさで観衆を惹きつけたのだが悲しいかなこのキレ芸人という存在、お笑いの潮流「漫才やコントで売れたらすぐにバラエティ番組にその他大勢として出演」ですぐに「この人本当はまともな人なんだ。キレてるのは芸でやってるんだ」とマスコミ大衆に悟られその最大の武器「キレ芸」を封殺される。
リアルブス芸人に至っては行き過ぎた競争社会の「見世物小屋」。
それまでブス芸人はTV用のブスだった。出演にさいし「ブスとハッキリわかるけど不快感を抱かせない容姿」という暗黙の了解があった。山田花子がそう。
しかしこれに飽きたマスコミ大衆の潜在意識の「もっとリアルなブスを」という欲求で現れたのが、リアルブス芸人。
ようするに見たくないのだがつい見てしまうという気持ち悪い容姿を持った芸人。
先駆けは森三中だろうか。究極は現在活躍中のハリセンボン。特に箕輪はるか。人に不快感を催させるブスであり、その役目をまっとうするかのようにバラエティでもほとんど喋らない。まさしく「見世物小屋の世界」である

さて、ここで何が言いたいのかというと



人はエゲツないものが見たい。



ということ。これは火事や喧嘩に野次馬が群がるように仕方のないことだ。
これに商業主義とモラルの欠如が加われば、TVはとんでもないことをやらかし、そのとんでもないことのひとつが今回の亀田騒動だ。
はじめは、亀田ファミリーはプロボクサーを目指す熱烈父子として報じられた。
しかし、キャラがあまりにも強烈。
ようするに、



リアルヤンキー。




父・史郎、長男・大毅の誰に対してもタメ口と威嚇的な言動。
現実社会に存在しても、TVでは滅多にお目に掛かれない人種である。
そんな彼らにキレ芸人に飽きたマスコミ大衆が「こいつらホンマもんや。ホンマのヤンキーや。ホンマにキレとるがな」と飛びつきTBSもそれに乗った。
こうして、





前代未聞のリアルヤンキー観察ショーが始まった。




そのあとはご存知の通り。
弱い相手を選び興毅、大毅を対戦させ、試合も圧倒的に彼らが強く映るよう素人目にも分かる明らさまな八百長試合を組み、その前後ではヤンキー全開で対戦相手への行き過ぎた侮辱的言動。そしてそれを演出する関係者サイド。もうお祭り状態。祭りだわっしょい。ヤンキー祭りだわっしょいわっしょい。坊ちゃん嬢ちゃんヤンキーがタダで見れるよわっしょい。怖いヤンキーがTVで見れるよわっしょいわっしょい。ほら、キレ芸人とちがうでしょ。本気でしょ。本気でキレてるでしょわっしょい。オモシロイよねえ亀田親子わっしょいわっしょい。ファッションださいねわっしょい。亀田許せんわっしょい。息子は悪くないわっしょい。「殺すぞ」なんて馬鹿だねわっしょい。素人だねわっしょい。プロの芸人にはいないよわっしょい。こんな出し物他にはないよわっしょい。わっしょいわっしょい。ゴキブリわっしょい。切腹わっしょい。キンタマわっしょい。目潰しわっしょい。アホやこいつらわっしょいわっしょい。許せんわっしょい。丸刈りわっしょい。反省わっしょい。出直しわっしょい。操り人形わっしょい。再起戦わっしょい。視聴率わっしょい、部数アップわっしょい。わっしょいわっしょい。楽しいわっしょい。祭りだわっしょい。わっしょいわっしょい。わっしょいわっしょい。わっしょいわっしょい。


史郎氏辞任 大毅厳重注意 興毅3カ月自粛
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトル戦で亀田大毅選手(18)=協栄=が反則行為を繰り返した問題で、協栄ジムの金平桂一郎会長(41)は26日午前、東京都新宿区内のジムで会見し、大毅選手の父史郎トレーナー(42)から25日深夜に電話で辞任の申し出があり、それを受理したと発表した。金平会長は「当初は解雇する方針だったが、本人の辞意を受けて決めた」と話した。
[ 10月26日 12時44分 ]エキサイトニュース

[PR]
by bra-net | 2007-10-26 15:20 | 亀田一家問題
<< 完全試合 落合采配の何が悪い 亀田の処分は甘いがでもそんなの... >>