<< ドイツへ行きます Paul Simon6年ぶりの... >>
ネット工作が明るみに

ネット風評被害把握へ 監視体制に70企業が契約(FujiSankei Business i.)
掲示板の中傷が過熱した場合には、書き込みで誘導し、悪意を緩和させる措置も取る。きめ細かなサービスが受け、契約企業は七十社を超えた。


おれがよく利用する2chのデジカメ板では随分前から囁かれていた。
キヤノンが自社の宣伝や他社(主にニコン)への妨害のため2chに書き込んでいるんではないかと。
理由は二つ。

量が圧倒的に多い。
質が低い(たとえば、「30D欠点なさすぎてツマンネ 」など、カメラのことを知らないものでも書ける内容が多い)。

そんな書き込みは『キヤノネット』っと呼ばれ、人気の高いニコン1眼レフ「D200」板など壊滅状態に追いやられている。
もちろん、キヤノンまんせーの書き込みすべてにキヤノンが絡んでるとは思っていないが、1年ほどカメラ板をウォッチしていて、最近おれも2chのキャノン万歳の書き込みにキヤノン自身が関与しているのではとの疑惑を持つようになり、今回のニュースを見て「ああっ、やっぱり」と疑惑が確定に変わった。

たまにキヤノネットのアラシを見て「キヤノンが嫌いになった」とか書き込みがあるが、おれはもっとやって欲しいとも思ってる。

なぜなら、


キヤノンのコピー機を買って以来キヤノンが嫌いになっていたからだ。


キヤノンまんせ~の書き込みをアップさせ続け、自らの人気を落としてほしい。

がんばれガーラ
がんばれキヤノン


ガーラ会社概要より

◇主要取引先
キヤノン株式会社
株式会社サイバーエージェント
全日本空輸株式会社
株式会社 電通
トッパン・フォームズ株式会社
トランス・コスモス株式会社
パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社
株式会社フジテレビジョン
松下電器産業株式会社

[PR]
by bra-net | 2006-05-27 08:24 | 時事 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ドイツへ行きます Paul Simon6年ぶりの... >>